安全への取組み
アルコールチェック

検知器だけではなく、
啓発で根絶への意識を高める。

1日に数回、アルコール検知器を使用しドライバーの酒器帯びの有無を確認しております。これは飲酒運転根絶のため、平成23年5月より義務化されております。

輪留めの徹底

事故防止のため、
できることを徹底する。

法的拘束はないものの、トラック協会や交通安全協会から駐車の際は設置するように推奨されております。
ナニワ急便では、事故防止に万全を期すため輪留をしての作業を徹底しております。

絶対に事故を起こさない、巻き込まれない。

基礎的な交通ルールの反復から事故の重さを意識するよう、
定期的に交通安全セミナーを実施しております

安全講習会

to top